【レビュー】デジタルモンスター カプセルマスコットコレクションver.1,0【ガシャポン】

今回は昔懐かしのこちらのシリーズの商品を紹介します。

「デジタルモンスター カプセルマスコットコレクションver.1,0」

そう、あのデジモンのガシャポンフィギュアです!

これまで発売されてきたデジモンのフィギュアはアニメを中心に展開されてきましたが、これは一味ちがいます。

こちらの商品の特徴は何と言っても、あのリアルなデジモンのイラストを再現したところにあります。

20代後半〜30代前半くらいの世代にはグッとくるものがあるんじゃないでしょうか。

私も最初に見たときは思わず足が止まってしまいました。
実は私、この商品(ver.1,0)が出ていることを知らず、某量販店のガシャポンコーナーでたまたま見かけたこのシリーズの第2弾である「デジタルモンスター カプセルマスコットコレクションver.2,0」を先に買いました。。

初代から現在にかけてデジモンのイラストを手がけている渡辺けんじ先生が完全監修しているということでその出来栄えにも納得です。

ラインナップ


シリーズ第一弾となるこの商品は、デジモン最初の携帯型ゲーム機「デジタルモンスターVer.1」から以下の4体がラインナップされています。

・アグモン
・ベタモン
・ヌメモン
・もんざえモン

(なかなか渋いラインナップだ。。)

それでは1体ずつ紹介していきたいと思います。

アグモン


デジモンといったらアグモンを思い浮かべる方も多いんじゃないでしょうか。

デジモンアニメの最初の作品である「デジモンアドベンチャー」の主人公デジモンであり、まさにデジモンの顔です。

デジモンとしては「成長期」という分類になります。

「幼年期Ⅰ」→「幼年期Ⅱ」→「成長期」→「成熟期」→「完全体」→「究極体」といった順で進化します。

ベタモン


続いては「ベタモン」です。

アグモンと同じ成長期のデジモンで、モヒカン型の大きなヒレが特徴です。

私はアグモンよりベタモン派でしたw

ヌメモン


次は「ヌメモン」。衝撃的な見た目ですw

ヌメモンは成熟期です。ゲームでは成長期のときに世話を怠るとコイツに進化します。

戦闘力は低いですが、実はある可能性を秘めたデジモンでもあります。

もんざえモン

最後は「もんざえモン」です。

こんな見た目ですが、Ver.1では最強のデジモンです。

この「もんざえモン」はなんと「ヌメモン」からしか進化することができないのです!

最弱から最強への進化というのは夢がありますね!

あとがき

いかがでしたでしょうか。
あの頃のワクワクした気持ちを思い出させてくれるこういった商品は本当に良いですよね。

次回は第2弾である「デジタルモンスター カプセルマスコットコレクションver.2,0」の紹介をしたいと思います。

現状第4弾まで発売が予定されているみたいなので、手に入り次第レビューしていきます!!